正しい妊活の知識をつけ姙娠しやすい身体づくりをするために

産婦人科の変遷

これまでの歴史や変遷について

産婦人科では、出産、分娩だけを扱っているのではありません。産婦人科は、産科と婦人科が分かれているところもあるように様々な女性特有の生理や更年期障害、子宮や卵巣のトラブルなどもケアしています。産婦人科では、戦前は、出産は自宅で助産師によって行われていました。しかし、戦後、西洋医学の普及によって、産婦人科医の手によって、病院で出産することが主流となりました。今では、高級ホテル並みのクリニックやエステにマッサージ、豪華な食事と様々なこだわりのあるクリニックが登場しています。また、産婦人科では、不妊治療の技術も進歩して、不妊治療だけメインで行うクリニックなどもあり、様々な悩みや目的に合わせてクリニックを選ぶことができるようになっています。

今後の動向についての予測

少子化の影響もあり、産婦人科医師の減少、医師の高齢化が問題となっています。らまた、今までは、分娩が行えてた病院も分娩を行わなくなったりらしています。このままでは、子供を産むことができないということもあり厚生労働省やって医師会などの手によって改善されなければ、少子化は、もっと進むと予測されます。しかし、その中でも医療の進歩により、不妊治療の技術の向上や女性の意識の変化によって、赤ちゃんを産みやすい体になるために様々な勉強が行われています。また、低体重など出産時のトラブルにも対応できる設備も一昔前に比べて整備されてきています。また、分娩施設が少ない場所については、都道府県の垣根を越えたネットワークも整備されて安心して、出産できるように努めているのです。この流れは、今後も、拡大していくと予測されます。